ダイエットサプリメント・ダイエット食品と母親

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットサプリメント・ダイエット食品と健康食品

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの知識は重要です、健康食品は自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆フルタイムで働く母親と肥満☆<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

フルタイムで働く母親の子は肥満になりがちである
 小児肥満のリスク因子は、両親の肥満、出生体重、妊娠中の母親の喫煙歴、社会的地位などがあり、母乳栄養の肥満予防効果なども報告されているが、今回親子の世代間における肥満リスクの変化、リスク因子の遺伝や影響について解析し、小児肥満の増加原因を示唆した疫学研究の結果が、「米国疫学雑誌」に掲載された。
 研究は母親が30歳以下で産んだ第1世代の8,552人(1965年時点で7歳、「1958年生まれの英国人コホート研究」参加者の一部)と、彼らが30歳未満で出産した第2世代の4~9歳の子供1,889人を対象として、2世代間の肥満のリスク因子の差異について検討された。
 妊娠中の母親の喫煙・出生体重・母乳栄養・社会的地位・住居保有状況・母親の雇用状況と子供時代のBMISDスコア(性別および年齢別の標準偏差値)の相関を解析したところ、第2世代の両親の過体重や肥満の割合は第1世代の両親に比べて50%上昇していた。
 また「両親のBMI」と「母親のフルタイム雇用」はいずれも第2世代のBMIに有意に影響した。具体的には、「母親のフルタイム雇用」により子供のBMISDスコアは0.4〜0.5単位上昇した。他の因子はBMISDスコアとの明らかな相関が見られなかった。社会経済的地位が低い群において同世代内でのBMIスコアにはなんら影響が示されなかったが、子供の世代にはBMIが上昇するという結果も示唆され、子供時代の肥満が社会的格差の影響を受ける可能性も示唆された。

-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>フルタイムで働く母親と肥満>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
サークルに関して | ストレス度 | 更年期度 | うつ度 | 便秘症度 | 歯の健康度 | 幼児肥満度 | 酒癖度 | テレビ紹介/ダイエット | 本・書籍紹介/ダイエット
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO