ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエット・ダイエットサプリメント・ダイエット食品の紹介

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットサプリメント・ダイエット食品は、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆肥満・ダイエット度チェック☆

体格指数
ーBMI(Body Mass Index)ー

BMIとは体格指数のことです。
あなたは、肥満かな?!
BMIで肥満チェックをしてみましょう
 最も広く用いられている標準体重の求め方は、BMIという体格指数 に基づいたものです。
BMI指数は次のように求められます。
 BMI=体重[キログラム]÷身長[メートル]÷身長[メートル]
BMI指数は国際的に用いられている 体格判定法 で、BMI指数が 22 の時が最も病気になりにくいことがわかっています。
そこで日本でもBMI指数が22になる体重を 標準体重 としています。
 標準体重=身長[メートル]×身長[メートル]×22
BMIを使って、計算した標準体重を用いて、肥満度を求めましょう。
 肥満度(%)=(実測体重-標準体重)÷標準体重×100

計算してみましょう


1.身長を(メートル:m )で入力してください  m  
(165センチメートルの方は[1.65]と入力してください)

2.体重を(キログラム:kg)で入力してください kg

半角数字で入力してください

    

BMI指数
 
標準体重
kg
肥満度

標準体重は、いかがですか?
下の表で自分の値と照らし合わせてみてください。

判定
低体重(やせ)
普通体重
肥満(1度)
肥満(2度)
肥満(3度)
肥満(4度)
BMI
18.5未満
18.5以上
25.0未満
25.0以上
30.0未満
30.0以上
35.0未満
35.0以上
40.0未満
40.0以上

 肥満は生活習慣病の始まりとも言われています。高血圧、糖尿病、高脂血症などに成り易く、健診などで肥満を指摘される方は年々増えています。 肥満は生理的、環境的な原因によりカロリーが過剰に摂取された結果、脂肪の蓄積を来した状態をいいます。
 肥満度はBMIで測定します。
 多くの調査の結果、BMI(肥満指数、体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル))が22のとき最も健康であることがわかりました。そこで、 最適な体重(標準体重)は、身長(メートル)×身長(メートル)×22から計算できます。つまり、165 センチメートル の人は、1.65×1.65×22=59.9 キログラムが標準体重となります。 BMIが25を超える場合は肥満と呼ばれます。 肥満のある方は生活習慣に原因がありそうです。生活習慣の見直しチェックをやってみてください。

<肥満と健康>  

 肥満は糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化症などの生活習慣病をもたらします。実際、肥満とともに死亡率が増加します。(例えば、米国女性では BMI 27 以 上で全死亡率が 1.2-1.5 倍、心血管死が 2-4 倍 になると言われています。)

<どうして肥満になるのですか>  

 食事などで摂取するカロリーが、消費するカロリーより多い場合、肥満になります。言い換えれば、食べすぎ、あるいは運動不足が肥満の原因です。この食べ過ぎや運動不足は遺伝的素因(体質)と環境因子(自分の行い)がもとでおこります。
間食、脂肪のとりすぎなど食生活の問題、運動不足などが原因となります。これらの点に注意され、日ごろからの規則正しい食事とこまめに体を動かすことも大切です。また普段からご自分の体重を知る、定期的な健康診断を受けることも必要です。

<肥満症の治療>  

 まず、長く続けて行うことが最も重要です。 例えば、3キログラムの減量のためには 21,000キロカロリーの脂肪の消費が必要です。30日間で 3キログラムやせるためには1日 700キロカロリーづつ消費しなければなりません。
1) 食事のカロリー制限 標準体重×(22-25) キロカロリーに制限します。 特に脂肪を制限し、蛋白質は十分に取る必要があります。
2) 食習慣の改善:朝食抜き、夜食、間食、早食いなどは、肥満になりやすいです。 ゆっくりよくかんで、食事を楽しむようにしましょう。
3) 運動療法 中程度の運動(壮年者では1分間の脈拍が120程度になるような運動)を毎日30分程度おこなうとよいでしょう。 血糖、脂質、血圧にも好影響をもたらします。
30分の急ぎ足は約80キロカロリーの消費量です。これは脂肪9グラム分に相当します。


-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>

☆世の中の様々なダイエット法や正しい知識、ダイエットを継続させるためのポイントを紹介します☆

低炭水化物ダイエット
<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

 昨年日本でもちょっと話題になったハリウッド・ダイエットというのは、別名「セレブのダイエット」ということからもわかるように、ハリウッド・スターが実行したことで有名になったダイエット法のことです。
 高たんぱく質ダイエットとも呼ばれますが、このダイエット法の本質は、実は、炭水化物の摂取を制限する低炭水化物ダイエットであるというところにあるようです。炭水化物。そうです、みんなの大好きな、白米も玄米も食パンもライ麦パンももちろん砂糖も、食べてはいけないという、栄養士真っ青、薬剤師びっくり、医師あっそれもありか(おいおい ^^;)の禁断のダイエット法なのです。
 低炭水化物ダイエットは最初1860年代にウィリアム・バンティングという人によって一般に知られるようになったようです。現在欧米のセレブの間で流行しているのはゾーンのダイエットという炭水化物エネルギー比率を40%にするもの。そしてもうひとつ、あるいは、こちらのほうが有名かもしれませんが、1973年にアトキンスが提唱したアトキンス・ダイエットがあります。炭水化物を一日20g以下に抑えるという(エネルギー比率にするとおよそ5%以下)過激なもので、現在でも世界中の栄養士会、栄養学会から反対されています(2003年の暮れにはイギリスにアトキンス協会が設立されたことを受けて、イギリス栄養士会が反対声明を出していました)。
 このように問題が多いといわれている低炭水化物ダイエット(以下面倒なので米抜きダイエットと書きます)ですが、それにもかかわらず、今なおハリウッド・スターを惹きつけてやまない何かをもっているのか、(単に宣伝にだまされているのか)どうか。それにあれだけ危険だと言われ続けているわけですから、どれくらい危険なのか、知りたいのが人情というもの。 でも、日本だと、低インスリン・ダイエットが流行っても、良識ある先生方は、「何をいっておるのやら」と単に無視して終わりで、それもまた別の人情ではありますが、アメリカは人情ではなくてプラグマティズムのお国ですから、どこまでも冷徹にその効果と安全性を追求してしまうのです。 アトキンス博士は、最終決着を見ることなく、昨年(2003年)事故でお亡くなりになりましたが、その直後に、米国医学会誌(JAMA)という医学界でもっとも権威のある雑誌のひとつに、「米抜きダイエットの効果と安全性」(いえ、低炭水化物です、原題は)という系統総覧(システマティック・レビュー)が掲載されました(Bravata, DM et al.; Efficacy and safety of low-carbohydrate diets. JAMA, 289(14): 1837-50 (2003))。 ちしききばん版ではいつも結論を先に書いてしまって無駄に読む必要がないようにしているのですが、ここでも結論を言ってしまうと、危険であるとも安全であるとも言えず、効果はほかのダイエット法より良いとはいえないということになります。
  これだけではあんまりだと思われた方のために、一応ポジティブな成果として言い直すと、50歳以上の方への適用、炭水化物を20g以下に制限すること、90日以上継続することには、安全だという充分な根拠が得られていないので、もしそうするつもりなら、医師と相談したり自己責任でするべきであり、やったからといって効果が得られるとはかぎらないということ。そして、いつも繰り返されることですが(でも筆者もけっこう当たっていると思うのですが)、米抜きダイエットは、決して炭水化物の割合が減ったから体重が減るのではなくて、トータルのカロリー摂取量が減少したから起こっているのだということです。ならばどうして低脂肪ダイエットとは体重の推移がかなり異なるのかという疑問は当然出てきますが、それは系統総覧の守備範囲外ということになるわけです。
 なあんだ、危険だとも言えないんだと思った、あなた。アトキンスの本は日本語訳が出ていますから、読んでから考えたほうが良いと思います。ただし、私は薦めません。
 (2004.1.22追記)英国BBCオンラインの記事によると、BBC2の番組「ホライズン」でアトキンスダイエットの検証が行なわれたそうだ。結論は、たんぱく質と脂肪だけの食事は、食欲中枢に満腹感を与えやすく、通常よりカロリー摂取が減るため、という従来から言われてきた仮説に軍配が上がったという。ヒューマンカロリーメータを使ったらしい実験では、一卵性双生児に、アトキンスダイエットと低脂肪ダイエットを行なってもらい、実際にカロリー消費が上昇するのかを確かめたところ、たった22キロカロリーの差しかなかったという。尿中に余分なカロリーが排泄されるということもなかったらしい。記事は、コペンハーゲンにあるデンマーク王立栄養研究所所長のアストループ(肥満学の権威)らの新しい研究に触れ、高たんぱく質ダイエットをすると高炭水化物ダイエットに比べてカロリー摂取が少なくなるという結果を紹介している。幾らでも好きなものを食べてよい環境を設定したにもかかわらず。BBCの番組は22日の午後9時からチャンネル2で放送される。今から飛行機に乗れば、まだ間に合うかも


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>肥満・ダイエット度チェック>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO