薬剤師・薬局のサプリメント・ダイエット食品

薬剤師・薬局のサプリメント・ダイエット食品は誰でも気になります。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットのサプリメント・ダイエット食品と薬剤師・薬局

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの意識、ダイエットサプリメ ント・ダイエット食品等の知識を身につける事は重要です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆薬剤師・薬局おすすめ☆
薬剤師・薬局インフォメーション<自動更新>
薬剤師・薬局注目商品!<自動更新>/一覧へ

-薬剤師健康食品ダイ エットサプリメントの選び方−

ダイエット食品・サプリメント・薬局の選び方は、誇大広告 や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>

☆世の中の様々な美容・健康・ダイエット等の情報を紹介します☆<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

高たんぱく質ダイエットで脂肪を減らす
 米国で低脂肪ダイエットといえばディーン・オーニッシュ博士です。彼の著書「もっと食べて、減量しよう(Eat More, Weigh Less)」は米国でベストセラーになりました。しかし、低脂肪の食生活に対する国民の意識は高まっていないようです。オーニッシュ博士は、健康志向に対する反動が起こっていると述べています。その例が、今日流行している(しかし反対者も多く論争の的になっている)アトキンス博士の低炭水化物ダイエットです。この食事は、オーニッシュ博士の提示する低脂肪食では避けられる、肉、チーズ、バターなどの食品の摂取を推奨するものです。オーニッシュ博士は、何を食べるかの選択は個人の自由であるが、誤った情報によって誤った選択がされてはならないことを指摘し、またメディアが高たんぱく質ダイエットを批判せずに報じていることを警戒しています。

米国予防医学協会は一時的な流行ダイエットに反対
 今日、アメリカでは高たんぱく質ダイエットの一部を含む、一般的な食事とは内容を異にするダイエット法が流行しています。この現状に対して、米国予防医学協会(ACPM)は流行ダイエットに反対する声明文を発表しました。流行のダイエット法は全体的な健康を考慮していないとして、特に、有名なアトキンス・ダイエットに異議を唱えています。ACPMが推奨する食事は、PFC比が20:25:55です。炭水化物は精製されていない多糖類の食品で構成する、野菜と果物を充分摂取する、飽和脂肪酸の摂取を制限する等のガイドラインを掲げています。(詳しくは、ACPMの声明文(2)を参照してください。)


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健 康サークル】トップページへ>薬剤師・薬局>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO