ダイエットサプリメント・ダイエット食品と歯の健康度

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットサプリメント・ダイエット食品と健康食品

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

歯の健康度は重要です、歯の健康法は自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆歯の健康度チェック☆

歯の健康づくり得点チェック

『8020(80歳で20本の歯を保つ)』を達成するために、あなたの生活習慣をチェックしましょう。

該当するものをチェックして「判定」ボタンを押してください。
 
項目
回答
1
歯ぐきが腫れることがありますか
はい (0点) いいえ (4点)
2
歯がしみることがありますか
はい (0点) いいえ (3点)
3
間食をよくしますか
はい (0点) いいえ (3点)
4
趣味がありますか
はい (3点) いいえ (0点)
5
かかりつけの歯医者さんはいますか
はい (2点) いいえ (0点)
6
歯の治療は早めに受けるようにしていますか
はい (1点) いいえ (0点)
7
歯ぐきから血が出ることがありますか
はい (0点) いいえ (1点)
8
歯磨きを1日2回以上していますか
はい (1点) いいえ (0点)
9
自分の歯ブラシがありますか
はい (1点) いいえ (0点)
10
たばこを吸いますか
はい (0点) いいえ (1点)

 


16点以上
現在のあなたは歯の健康にとって良い生活をしており、また歯も健康のようです。さらに向上を目指しましょう。
0点の項目をなくすようにしましょう。
11〜15点
あなたの歯の状態および生活習慣は、歯の健康にとって問題がおきやすくなっています。生活習慣を見直し健康な歯を守りましょう。
0点の項目をなくすようにしましょう。
10点以下
今の歯の状態および生活習慣は、歯の健康にとって問題があります。
歯医者さんのアドバイスをうけ、生活習慣を見直しましょう。
0点の項目を減らすようにしましょう。
愛知学院大学歯学部口腔衛生学講座より
歯のチェック

 自分の歯で食べることができることは、生活の質を上げ、食べる楽しみを大きくします。また歯の健康は全身の健康にも関係があることがわかってきました。80歳で20本の自分の歯を持つことが理想です。結果が15点以下の方では16点以上に比べて歯の抜ける危険度は1.8倍に上がります。点数が上がるように普段の生活を見直し、もう一度挑戦してください。

◎半年ごとにチェックしましょう。


-歯の健康法ダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>
☆世の中の様々な美容・健康・ダイエット等の情報を紹介します☆

1日2回歯を磨かないと心臓病のリスクが高まる?
<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>
 体の一部での炎症が動脈血栓の形成に影響することから、この20年ほど歯周病と心疾患の関係が取りざたされてきたが、口腔内の衛生状態が悪いと一日に歯を2回磨く者に比べ心疾患リスクが70%も高まるという、歯磨き回数と心疾患リスクの関係についての初めての研究結果がBMJ電子版に発表された。主任研究者はロンドン大学リチャードワット博士。
 同研究は1993年、1998年、2003年のスコットランド健康調査で集められた11869人の成人の喫煙、身体活動量などの生活習慣に関わる質問データおよび看護師訪問による心疾患の既往や家族歴の聞き取り、血圧計測、採血検査結果を、2007年11月までスコットランドの入院記録および死亡記録に照合し、Cox比例ハザードモデルを用いて解析された。
 質問項目のうち口腔ケアに関しては、歯科受診頻度(少なくとも6ヶ月に1回以上/毎年〜2年に1回/ほとんど行かない)と歯磨き頻度(1日2回以上/1回/1回未満)が問われた。
 口腔衛生習慣に関しては参加者10名中62%にあたる6人が半年に1回以上歯科受診をすると答え、71%にあたる7人が1日に2回以上歯を磨くと答える良好な結果であったが、冠動脈疾患リスクフアクターである社会階級、肥満・喫煙習慣の有無、心疾患の家族歴の影響を除外してデータを分析したところ、1日2回磨くと答えた群に比べ歯磨きを頻繁にしない群の心疾患リスクは70%も高まった。
 また、口腔ケア頻度が低いと炎症の指標であるC反応性蛋白(CRP)や血液凝固系の指標であるフィブリノゲンも高めの傾向が見られた。
 ワット博士は口腔衛生状態と冠動脈疾患リスクとの関係をより強固に証明し、炎症反応と口腔衛生との関係も明確にしたとし、今後は口腔衛生が冠動脈疾患の直接の原因なのか、単にリスクを高める要素であるかを確かめる必要があるとしている。


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>歯の健康度チェック>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO