ダイエットサプリメント・ダイエット食品と便秘

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットサプリメント・ダイエット食品を有効に

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットサプリメント・ダイエット食品は、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆便秘症チェック☆

・・・☆便秘症チェック☆・・・・


◇YES(はい)ならレをつけて下さい。

朝、トイレに座る時間がない
肩が凝りやすい
外食しがち
甘いものをよく食べる
急にのぼせたり、冷えたりする
ストレスを感じやすい
おなかの手術をしたことがある
冷たいものをよく食べたり飲んだりする
お風呂よりシャワーが多い
運動不足になりがち
両親・きょうだいに便秘がちな人がいる
ニキビや吹出物ができやすい
3日以上便通のないことが多い
便秘薬の量が多くないと効かない


その1 便通が一週間で男性では4回以下、女性では2回以下の場合。
その2 便が硬く、ついいきんでしまう。
その3 便の量が少なく、したりない感じがある。

便秘になる原因もいろいろあります

◇弛緩性便秘
      高齢や運動不足等で腸の働きが悪く なり便から水分が吸収され硬い便になってしまいます。
◇痙攣性便秘
      ストレスなどで腸が過剰に痙攣収縮し、 ウサギの糞状態の便になります。
◇習慣性便秘
      いつも便意を我慢していると、排便反応 が鈍くなりやすくなります。


腹部膨満感・食欲不振などの消化器症状だけでなく、めまい・不眠などの精神症状や肌荒れ、 吹出物、痔、血圧上昇などの症状を訴えることがあります。

◇形
少ないコロコロ、カチカチ硬い悪いウンチ
水分含量 70〜80%臭いの少ないバナナ状の理想的ないいウンチ
多い泥状、下痢をしている悪いウンチ

下痢がひどい時は、下の表でチェックを…
食中毒名原因食品・感染源潜伏期間主要症状
サルモネラ菌属食中毒鶏卵、うずらの卵、肉類、乳製品、不潔なまな板12〜 24時間吐き気、嘔吐、腹痛、下痢(頻回のことが多い)、発熱(高熱が多い)
腸炎ビブリオ食中毒生の魚介類12〜24時間吐き気、嘔吐、腹痛、下痢( 水様粘血便が多い)、発熱(38度前後)
病原性大腸菌O-157サンドイッチ、ハンバーガー、畜肉、牛乳、井戸水4〜8日下痢(血性下痢)、腹痛、吐き気、嘔吐、発熱(38度以下)
ブドウ球菌食中毒おにぎり、すし、洋菓子、サラダ類、シュウマイ、その他多数1〜6時間(平均3時間)吐き気、嘔吐、下痢、短時間の発熱
ボツリヌス菌食中毒いずし、ハム、ソーセージ、自家製の野菜の缶詰め、はちみつ12〜36時間めまい、頭痛、視力低下、舌のもつれ、呼吸困難、神経筋力の麻痺

◇色
黄色:  短〜い
茶色:便の「大腸滞在時間」約24時間
黒色:  長〜い
緑色:胆汁酸の異常か、発熱があれば腸内細菌感染の可能性
暗赤色、黒色(タール便)は内蔵出血

    ・・◇MEMO◇・・
◇飲んでいるお薬の影響で便秘になったり、便に色がついたりすることがあります。


◇きもちのいいウンチのために

◇おきぬけの水1杯
      ウンチに水分を補い、腸に刺激を与えます
◇小食は便秘のもと
      規則正しい適量の食事が大切です
◇ピンときたらすぐトイレ
      タイミングを逃さないようにしましょう
◇毎朝必ず座りましょう
      便意を感じなくても必ず座りましょう
◇適度な運動も忘れずに
      血液循環をよくして腸を強くし、腹筋も鍛えます
◇リラクゼイション
      ストレスをためずにうまく解消しましょう


便秘にいいもの

◇食物繊維
      便秘には食物繊維が効果的です。ただし、Ca等のお薬の作用を弱めてしまうことがあるので 気をつけましょう。
◇生薬
      下剤に頼り過ぎるのも困りますが、必要な時にはなるべく穏やかなものを選びましょう。
◇その他
      納豆菌・乳酸菌・オリゴ糖・ビフィズス菌などいろいろあります。



-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>


☆世の中の様々な美容・健康・ダイエット等の情報を紹介します☆

食品摂取量と機能性便秘の関連
〜18-20歳の女子学生3,835人の横断研究〜
<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>
 便秘はとても一般的な病気で、便秘に悩んでいるひともたくさんいるのではないかと思います。
 便秘を予防してくれる食習慣が明らかになればすばらしいことですが、便秘と食習慣の関係を科学的に調べた研究は欧米諸国を含めても意外に少なく、日本人を対象とした研究はほとんどないのが現状です。
 また、便秘の判定には、症状をもとにした世界的な診断基準(Rome I 基準による機能性便秘:排便の際の緊張、便の硬さ、便が出きっていない感覚、排便頻度)が提唱されている一方で、今までの食習慣と便秘の研究では、このRome I 基準ではなく、もっぱら、そのひとの主観や便秘の一側面のみ(例えば、排便頻度のみ)に依存した便秘の評価が行われてきました。
 そこで、ふつうに生活する日本人において、食習慣がRome I 基準による機能性便秘と関係しているかどうかを、食品に焦点をしぼって、調べてみました。
 調査に協力してもらったのは、18〜20歳の女子大学生3,835人です。質問票を使って、過去1か月間に食べたものを詳しく尋ねました。また、この研究のために開発した質問票を用いて、Rome I 基準による機能性便秘を調べました。
 この調査では、全体の26%(1,002人)のひとが機能性便秘とみなされました。便秘と関係がありそうな食品がいくつかありました。図1に示すように、ごはんの摂取量が多いほど、機能性便秘のひとが少なくなっていました。ごはんを主食とする集団において、ごはんと便秘の関係を示唆する研究は今までにもいくつかあり、もしかしたらほんとうにそうなのかもしれません。
 そのほかの食品では、豆類の摂取量が多いほど、機能性便秘のひとが少なくなっていました。反対に、お菓子の摂取量やパン類の摂取量が多いほど、機能性便秘のひとが多くなっていました。しかし、これらの食品と便秘の関係を示す研究はほかにはあまりないので、まだはっきりとしたことは言えそうにありません。
 科学的研究において最も重要なのは、結果ではなく、研究方法の質です。この研究で使用した食習慣に関する質問票は、より正確と考えられる食事記録やその他の食事摂取量の生体指標と比較した基礎研究において、その有用性が科学的に証明されているものです。
 また、世界的な、症状をもとにした診断基準を用いて、便秘(機能性便秘)の評価を行いました。
 さらに、便秘と関係しそうな、食習慣以外の生活習慣(身体活動、喫煙、アルコール摂取、経口薬の使用)やそのほかの要因(居住地域、居住地域の規模、肥満度)も食習慣や便秘と同時に尋ねておいて、このような要因が便秘に与える影響を統計学的に取り除いた上で、食事と便秘の関係を調べています。よって、今回の研究の質はかなり高いと考えてよいでしょう。
 ただし、どんな研究でも、それ1つでは科学的な根拠としてはじゅうぶんではありません。



ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>便秘症チェック>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO