ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエット・ダイエットサプリメント・ダイエット食品の紹介

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットサプリメント・ダイエット食品は、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆幼児肥満度チェック☆

幼児の肥満度をチェックします。

幼児の身長と体重をいれて、肥満度チェックボタンを押して下さい。
(数字は半角で入れて下さい。)

身長は、70〜120cmまで対応します。

幼児の身長は?cm

幼児の体重は?Kg


幼児の肥満度は%です。

幼児肥満度判定コメント

幼児肥満度診断表

肥満度(%)コメント
30%以上 はっきり言って極度の太り過ぎ。減量させましょう。
20〜30%未満太り過ぎ。少しずつ減量させましょう。
15〜20%未満やや太り過ぎ。増加させないよう心掛けて。
−15〜 15%未満この体重を維持しましょう。
−20〜−15%未満やや痩せ過ぎです。もっと太らせましょう。
−30〜−20%未満痩せ過ぎ。少しずつ太らせましょう。
−30%以上  極度の痩せ過ぎ。健康だからといっても良くありません。

幼児肥満度
(実際の体重−標準体重)/標準体重を基礎式にしています。

肥満
15%を越えると肥満と判断されます。



-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>

☆世の中の様々なダイエット法や正しい知識、ダイエットを継続させるためのポイントを紹介します☆

朝食の欠食と体重の関係
<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

 このドキュメントについて: 正常体重の子供は朝食を食べないと太りやすいが、肥満の子供は朝食を食べない方がやせるという結果が得られた、ブリガム女性病院のバーキーらの研究を紹介します。国際肥満学雑誌27巻(2003)に掲載された論文です。 (中嶋良子・廣田晃一 健康栄養情報・教育研究部)
 朝食は食べた方がよいと言われているが、果たして本当だろうか。これを支持する論文は複数出されている。例えば、子供の肥満と朝食の欠食に正の相関がある(2-6)とか、減量した体重を維持するのに朝食の摂取が欠かせない(7)などの報告がある。ところが、肥満女性の減量に関する研究で、朝食を摂るグループの食事内容が最もよかった(低脂肪、お菓子のむちゃ食いが最小頻度)にも関わらず、朝食を摂らないグループの方が多く減量できたという結果が得られている(8)。そこで、ブリガム女性病院およびハーバード大学医学部のバーキーらによって、朝食の欠食が体重変化とどう関わるのかを調べる縦断研究が行われた。
 被験者はナース・ヘルス研究?の参加者の子供で、調査開始時の被験者数は、1996年に郵送した第一回目の質問紙に回答した女子9039名、男子7843名(回答率はそれぞれ68%と58%)。このうち、対象となる9〜14歳の人数は女子8980名、男子7791名であった。1997年、1998年、1999年の3回のフォローアップ調査を行い、最終的に分析に用いたのは、最低、連続する二年間あるいは1996年と1999年の2つの調査に回答した、9〜17歳の女子8128名、男子6458名のデータであった。
 調査の内容は、身長と体重、一週間の朝食の回数(0回、1〜2回、3〜4回、5回以上の4件法、1999年調査時にはこの質問は削除)、運動量、余暇(テレビ、ビデオ、ゲーム)時間、一日の総エネルギー摂取量、人種、思春期発達の程度、学校課題の出来についてであった(すべて自己評価、身長と体重に関しては母親に手伝ってもらった)。
 調査開始時には、男子の23.2%、女子の17.4%が過体重(BMIパーセンタイル値>85)、男子の7.2%、女子の8.6%がやせ(BMIパーセンタイル値<10)であった。朝食を摂取したのが週0日の子供は、週5日以上食べた子供より体重が重かった(過体重の割合は、週0日;男子26.4%、女子25.3%、週5日以上;男子21.2%、女子15.8%)。正常体重と過体重の子供のうち、朝食週0日の子供の総エネルギー摂取量は、週5日以上の子供よりも少なかった(Δ1.3MJ、P<0.0001)。運動量が多い程総エネルギー摂取量が多かった。また、余暇時間が多い程総エネルギー摂取量が多くなる傾向も観察された。
 正常体重および過体重の子供における朝食の摂取日数と翌年のBMI変化量の関連を検討したところ、過体重グループでは、朝食0日の子供のBMIは、朝食5日以上の子供のBMIよりも有意に低かった(P=0.01)。過体重の女子では、朝食摂取日数とBMIの増加に直線的な相関が見られた(P=0.049)。一方、正常体重の子供では、有意差は見られなかったものの、朝食を全く食べない子供はほぼ毎日食べる子供より体重が増加する傾向が見られた。
 次に、BMIの変化と朝食摂取日数の変化の関連を調べた(ただし、1999年の調査では朝食に関する質問が削除されたため、1998〜1999年のBMI変化は分析から除外)。BMI変化前後とも朝食0日の正常体重男子は、両年とも朝食5日以上の男子と比較して、BMIが有意に増加した(0.62kg/m2増)。過体重グループでは、男女とも、BMI変化前後とも朝食0日の子供は、両年とも朝食5日以上の子供よりも、BMIは有意に減少した(男子1.12kg/m2減、女子0.67kg/m2減)。
 さらに、朝食の欠食と学校課題の出来の関係を調べた。朝食摂取が週0日の子供では、翌年の報告で学校課題がよく出来たと答えることが少ないという傾向がみられた(男子RR=0.68、95%CI: 0.53〜0.89、女子RR=0.73、95%CI: 0.62〜0.86)。しかし、学校課題の出来には、前年の朝食摂取日数よりも同時期の摂取日数が重要であることがわかった(男子RR=0.66(CI: 0.48〜0.91)trend P=0.0004、女子RR=0.55(CI: 0.44〜0.67)trend P=0.0001)。
 データを横断的に分析すると、これまでの研究結果同様に、朝食を欠食する子供程体重が重いという結果となった。しかし、縦断的に分析した場合、過体重の子供に関しては、朝食を欠食した方が、BMIが減少するという結果が得られた。正常体重の子供では、統計学的な有意差はみられなかったが、欠食すると体重が増加する傾向が見られた。エネルギー摂取量の多さは、朝食摂取日数に比例するだけでなく、運動量と余暇時間と正の相関が見られ、余暇時間の多さと肥満との関連には、エネルギー摂取量の増加とエネルギー消費量の減少が関与しているようだ。過体重の子供と正常体重の子供の間で朝食の摂食日数と体重の変化に差が見られるのは、安静時エネルギー代謝量の差があるのかもしれないが、明らかにはなっていない。過体重の子供では、朝食を欠食した方が、体重が減るという結果が得られたが、朝食の欠食による学校課題への悪影響が複数報告されているため、他の方法で減量した方がよさそうだ。
ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>幼児肥満度チェック>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO