ダイエットサプリメント・ダイエット食品と腫瘍ウイルスと咽喉がん

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットサプリメント・ダイエット食品と健康食品

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの知識は重要です、健康食品は自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆腫瘍ウイルスと咽喉がん☆<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

腫瘍ウイルスは咽喉がん生存のための最もよい予測因子
 本研究は2002年〜2005年に行われたがん放射線治療被験者721人中の喉頭がん患者433人で、HPV検査成績があった323人を対象としている。
 HPV感染を原因とする喉頭扁平上皮がん患者の生存率が良好であることは既に知られていたが今回のような大規模研究はまだなく他の好ましい因子の影響は不明だった。研究では進行性の喉頭扁平上皮がん(ステージVもしくはW)患者323人を含む対象者を無作為に分け、放射線標準療法と照射回数増加期間短縮療法に振り分け、治療成績の比較試験を行った実験結果を使用した。HPV陽性患者と陰性患者の死亡リスク比較には比例ハザードモデルを用いた。対象の63.8%にあたる206人はHPV陽性であった。
 追跡期間の中央値は4.8年間。主たる研究である放射線療法の違いによる3年生存率比較は期間短縮法70.3%、標準治療が64.3%となり、有意差がみられなかった。
 HPV陽性患者の3年生存率は82.4%と、陰性患者の 57.1%に対し有意に高かった。データに影響する要素(年齢・民族・腫瘍の大きさとリンパ節転移、喫煙歴)を調整し、再帰分割解析を用いてHPV陽性、喫煙歴、腫瘍の大きさ、リンパ節転移の4つの要素と死亡リスクとの関係を分析したところ、HPV陽性であると死亡リスクが最も低くなり、HPVが陽性であることが喉頭扁平上皮がんの独立した予後判定要素であることを示した。
 研究者は、放射線療法の比較実験の追加研究で喉頭扁平上皮がんにおける発症要因が明確に示されたことを強調しており、将来的にはがんのステージに加え、喫煙歴とHPV検査が喉頭がん患者の治療方針を決定することになるだろうとしている。

-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>腫瘍ウイルスと咽喉がん>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
サークルに関して | ストレス度 | 更年期度 | うつ度 | 便秘症度 | 歯の健康度 | 酒癖度 | テレビ紹介/ダイエット | 本紹介/ダイエット | 簡単健康チェック
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO