ダイエットサプリメント・ダイエット食品とチョコレート

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットサプリメント・ダイエット食品と健康食品

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの知識は重要です、健康食品は自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆ほどほどのチョコレート☆<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

ほどほどのチョコレートのたしなみは、心不全のリスクを減じる?!
 ハーバードメディカルスクール心血管系疫学調査班の研究者らは、チョコレートを適度に食べる習慣のある中高年女性は心不全のリスクが低いことが、長期間に及ぶ効果として初めて観察されたと「循環:心不全」に報告した。
 これまでの無作為調査結果からチョコレート摂取は収縮期・拡張期血圧を下げる効果が知られており、また心血管疾患リスクを減じる効果が観察研究結果からも得られている。本研究では心不全との関係について、前向きコホート調査を実施した。
 研究対象はベースラインで糖尿病や心不全等の罹患歴のない48〜83歳のスウェーデン中高年女性31,823名(スウェーデンマンモグラフィーコホート参加者)、追跡期間は9年。食物摂取頻度調査データおよび「入院・死亡記録」(1998〜2006年)データとリンクさせた複合統計モデルから分析した。
 要因調整後のチョコレート(高カカオ成分)の摂取頻度と心不全発症リスクの関連は、1〜2サービング(SV)/週=32%減、1〜3SV/月=26%減、3〜6SV/週または1SV/日以上ではリスク上昇。
 研究者らは、「スウェーデンと米国ではお国柄事情が異なることに注意が必要。スウェーデンではミルクチョコレートでもカカオ成分が30%以上なのに対し、米国では15%以上ならダークチョコレート。摂取量も19g(62歳以上)、30g(61歳以下)に対し米国の平均サイズは20g」とコメントしている。

-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>ほどほどのチョコレート>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
サークルに関して | ストレス度 | 更年期度 | うつ度 | 便秘症度 | 歯の健康度 | 酒癖度 | テレビ紹介/ダイエット | 本紹介/ダイエット | 簡単健康チェック
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO