サプリメント・ダイエット食品のお薬ニュース

ダイエット・サプリメント等の情報は気になりませんか。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


サプリメント・ダイエット食品のお薬ニュース

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの意識、ダイエットサプリメ ント・ダイエット食品等の知識を身につける事は重要です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆お薬ニュース☆/お薬知識
傷心? 心痛? 頭痛薬で治るかも 糖代謝の新知見が糖尿病薬の道を 古代漢方薬の分子の謎
肥満のサルで新しい減量薬コリアンダーオイルと薬剤耐性菌老化を抑えるかもしれないクスリ
善玉コレステロール上昇薬と糖尿病代表的な本能−塩と薬物中毒ハイリスク女性において乳がんの薬
頭痛にはプラセボが効きますよく知られた鎮痛薬と心疾患アルツハイマーと漢方薬の効果
食欲とエネルギーを増す薬筋肉痛用外用薬抗肥満薬の秘められた可能性

-ダイエット食品サプリメントダイ エットサプリメントの選び方−

ダイエット食品・サプリメント・の選び方は、誇大広告 や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>

☆世の中の様々な美容・健康・ダイエット等の情報を紹介します☆<紹介文献:財団法人 健康・体力づくり事業財団>

一般的な睡眠薬に高い死のリスク
 睡眠薬として一般的に処方される薬を年に18回以下しか使わない場合でも、死亡リスクが4倍高まるという研究報告。さらに高頻度の使用者の場合にはがんのリスクも高まるという。 米国で睡眠薬を処方された10,500名を追跡調査した。患者の平均年齢は54歳であり、この患者群を年齢性別生活習慣を合わせた対照群と比較した症例対照研究である。 調査された薬物としては、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、バルビツール酸系、及び鎮静作用をもつ抗ヒスタミン剤を含む。 その結果、年に18回までの使用者で3.5倍、18-132回までの使用者で4倍、死亡リスクがが高まることが明らかになったという。132回以上の使用者は5倍であった。 著者らによれば、これは決して因果関係を証明したものではなく、単純に睡眠薬の服用者は死亡リスクが高いという以前の研究を支持するだけのものだというけれども、睡眠薬を不眠症の患者に使わない方向での検討を始めるべきだと結論している。 エディターも因果関係は証明されていないとしながらも、安全性に重大な懸念をもたらすもの、と評価している。


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健 康サークル】トップページへ>お薬ニュース>ランキングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO