サプリメント・ダイエット食品のお薬知識

ダイエット・サプリメント等の情報は気になりませんか。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


サプリメント・ダイエット食品のお薬知識

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの意識、ダイエットサプリメ ント・ダイエット食品等の知識を身につける事は重要です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆お薬知識☆/お薬ニュース
毎日のアスピリンががん死亡率を 75歳以上でも心臓病予防薬は有用 一般的な解熱鎮痛剤には流産リスク
抗酸化薬で超未熟児の失明を防ぐアミロイド疾患のための世界初の薬医薬品とハーブ併用の危険性
がん予防にアスピリンを勧めるべきタイムは処方された一般薬より壊れた心臓の修理には、めおと薬

-ダイエット食品サプリメントダイ エットサプリメントの選び方−

ダイエット食品・サプリメント・の選び方は、誇大広告 や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>

☆世の中の様々な美容・健康・ダイエット等の情報を紹介します☆<紹介文献:財団法人 健康・体力づくり事業財団>

肥満問題は薬の用量にも影響
 一般的に良く使われる解熱鎮痛剤ではあるが、適量を用いないと、最悪の場合死に至ることもあるアセトアミノフェン。用量は標準体重を目安に決めるのだが、肥満児の場合どのくらい投与したらよいのか、薬剤師でも正しい判断がつかないケースが少なくないことがわかった。 解熱鎮痛剤に用いられるアセトアミノフェンは、過剰に服用すると死に至る可能性のある一方で、少なすぎると病状が悪化することもある。服用する個人にとっての適量をつかむことが肝要だ。 ここで問題になるのが肥満だという。アセトアミノフェンの推奨用量は体重によって決まるが、その体重というのは身長に対しての標準的な体重のことをいうため、肥満者が自分の体重のみを基準にして服用すると過剰摂取につながる。標準体重より20%以上超過している子どもの場合、用量を減らす必要が示唆されている。 今回の調査で研究者らは、薬剤師や介護者合わせて約70人に対し、アセトアミノフェンの適量についての質問をした。仮想の患者として8歳の子どもを例にし、様々な体重だった場合の適量を訊ねたのだ。結果、体重50kgの肥満児をモデルとした場合には用量を普通体重児の2倍に増やすと答えたり、あるいは答えられない者もいたりと、かなりの混乱がみられたとのこと。 肥満者の増え続ける現在、様々な患者に対応できるような投薬のガイドラインが必要だろうと研究者は述べている。


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健 康サークル】トップページへ>お薬知識>ランキングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO