ダイエットサプリメント・ダイエット食品とセルフコントロールとグルコース

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットサプリメント・ダイエット食品と健康食品

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの知識は重要です、健康食品は自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆セルフコントロールとグルコース☆<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

セルフコントロールにグルコースは必要ないという新研究
 過去の論調は、たとえば「集中する」というような行為により自己抑制力を働かせるときに、脳が“力の源”としてグルコースを消費するというものであったが、神経生理学的な研究結果とは一致していなかった。以前の研究データを部分的に再分析した結果、自己抑制行為を行った被験者間で血糖値の低下は見られなかったがこれは当然であるとカーズバン博士は言う。脳全体の消費エネルギーが毎分0.25kcalであれば、全体が1%増加して5分間でも0.0125kcalにしかならず、作業量を10%増やしても増加量はごくわずかであり、それは神経生理学的文献とも一致する。
またカーズバン博士は、肉体を動かせばそれよりはるかに多くのグルコースが消費されるのに、運動後にはむしろ自己抑制的作業成績が上昇することや、計算作業でも脳の血糖値が同様に減少することを指摘し、自己抑制作業中に脳内血糖が減少するのは、脳の代謝によるものではなく、心拍数が上昇するや複雑な制御が働いた結果によるものと解説。血糖値が肉体的心理的な連鎖的メカニズムにより体全体で調整されるもので、PCの立ち上げ時の不具合や、エクセル作業中のワード作業が遅くなるのが電源のせいでないのと同じように、自己抑制的作業を特別な作業として、血糖値に結び付けて考えるべきではないとしている。
要するに頭がぼやけたときは甘いキャンディを舐めても頭の回転が戻るわけではない。戻るかもしれないがそれはグルコースが頭の回転に直接作用しているわけではないということらしい。

-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>セルフコントロールとグルコース>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
サークルに関して | ストレス度 | 更年期度 | うつ度 | 便秘症度 | 歯の健康度 | 酒癖度 | テレビ紹介/ダイエット | 本紹介/ダイエット | 簡単健康チェック
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO