コレステロール減はダイエット・ダイエットサプリメント

ダイエット・ダイエットサプリメントはコレステロール減に重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


コレステロール減は健康食品・ダイエットサプリメント

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

コレステロール減のサプリメントは、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆コレステロール値チェック☆

あなたの悪玉コレステロール値をチェックします。


健康診断では、次の検査数値が出て来ます。
数値をいれチェックボタンを押して下さい。

(数字は半角で入れて下さい。)

総コレステロール量は ?mg/dL
HDL コレステロール量は?mg/dL
中性脂肪      は?mg/dL

善玉コレステロールはmg/dL
悪玉コレステロールはmg/dL
総コレステロール値は 標準は130-219mg/dL
善玉コレステロール値は標準は 40〜80mg/dL
悪玉コレステロール値は標準は 0〜150mg/dL
中性脂肪は      標準は50〜120mg/dL

悪玉コレステロールが150ml/dlを越えたら

  • 体重を標準体重へ・
  • 太り過ぎは禁物です。
  • 食物脂肪は ・・・
  • 植物油と魚油からとり動物性脂肪を減らします。
  • コレステロールは・
  • 1日300mgに。モツ、レバーは控えましょう。
  • 甘味は・・・・・・
  • 中性脂肪を増やし、善玉コレステロールを減らします。
  • 食物繊維は・・・・
  • コレステロールの排泄を促します。
  • 悪玉コレステロール
  • を酸化させないよう、ビタミンE、Cを取ります。
  • 食事は・・・・・・
  • たくさん噛んでゆっくり食べましょう。
  • アルコールは・・・
  • 30cc、中性脂肪の多い人は減らします。
  • 喫煙は・・・・・・
  • 善玉コレステロールを減らします。
  • 運動は・・・・・・
  • 中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やします。


    -コレステロール減美容ダイエットサプリメントの選び方−

    コレステロール減・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

    売れ筋ランキング<自動更新>
    ピックアップ!<自動更新>

    ☆世の中の様々なダイエット法や正しい知識、ダイエットを継続させるためのポイントを紹介します☆

    グリセミック・インデックス(GI)で体重をコントロール?
    <紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

    <はじめに>  

     体重を減らすために提案されている食事方法には様々なものがありますが、その1つにグリセミック・インデックス(GI)*の低い食品を食べるという方法があります。しかしこの方法の有効性は今なお議論されているところです。この話題が、昨年(2002年)の肥満レビュー(Obesity Review)誌で取り上げられました。肥満治療に低GIダイエットを薦めるべきかというテーマで、賛成派、反対派によるレビュー(総説)、そしてデンマーク王立人類栄養学研究所長のアストループによる論説が掲載されています。賛成派の、チルドレンズ・ホスピタル(ボストン)のポーラックらは、生理学的観点から過去の文献を分析し、低GI食が高GI食よりも、食欲および心臓疾患と糖尿病の危険因子に対して有効に働くと論じています(1)。これに対し、デンマーク王立人類栄養学研究所のラーベンは、GIに関する過去の文献の系統的レビューを行った結果、低GI食が食欲と体重減少に関連があることは証明できないとしています。

    <肥満治療に低GI食を推進すべき(賛成派) >

     ポーラックらは、低GI食品による減量を推進しています(1)。今日、低脂肪ダイエットが推奨されていますが、彼らは、低脂肪ダイエットでたくさん摂取する炭水化物について、そのGI値が重要であると述べています。低脂肪ダイエットは、短期的には効果がある(19-21;ポーラックら(1)の引用文献番号、以下同様)と言われている一方で、長期的な効果については不明(22-24)です。その理由として、ポーラックらは、体重減少後の空腹感や安静時エネルギー消費量の低下などによってリバウンドしやすい(28-30)ことを挙げ、低GI食がそれを解消すると考えています。GIの違いを検討した短期的な臨床試験では、高GI食を摂取したグループと低GI食を摂取したグループ間で代謝と食欲に差が生じ、低GI食の方が減量に有効であることが示されています(32-35)。長期的な研究結果はありませんが、ポーラックらは、短期的な研究から得られている生理学的な効果に基づくと、長期に渡っても有効であろうと述べています。
     代謝機能の差というのは、高GI食の場合、血中インシュリン濃度が急激に上昇しグルコースが急速に吸収される(10)だけでなく、食物が消化吸収された後もインシュリン濃度がなかなか下がらず、血中グルコース濃度の低下が生じます(36,37)。ストレスホルモンが分泌され正常血糖値は保たれますが、インシュリン抵抗性とたんぱく質分解を招くことになります。また、高血糖負荷**食を摂取していると、安静時エネルギー消費量が低血糖負荷**食よりも減少するという研究結果(41)や、高GI食よりも低GI食で体脂肪が減少したという報告(42)もあります。
     食欲の変化とは、低GI食では満足感が増すため摂取量を抑えることができる(43,44)といいます。高GI食を摂取し消化吸収した後はグルコース濃度の低下のため、低GI食の摂取後よりも食欲が湧くようです(10、36)。GIが食後の空腹感と食物摂取に直接関連することを示した研究も発表されています(17,43,44)。
     低GI食品の有効性はこれだけでなく、心臓疾患のリスクを軽減するといいます。38〜63歳の女性を対象にした10年間のコホート研究の結果、GI値の高い食品を摂取していた人の方が低GIの食品を摂取していた人よりも心臓疾患リスクが高いことがわかりました(72)。また、高GI食よりも低GI食で2型糖尿病リスクが下がる可能性も示されています(87-90)。
     低GI食の有効性については、複数の食品を同時に摂取した場合のGI値の効果についても疑問視されてきました。ポーラックらは、問題はデータを解析する方法論だと指摘しています。低GI食の効果がないと結論づけられた研究について方法論を変えて分析し直すと、逆に低GI食の効果を支持する結果が得られるものもあるというのです(101、102)。確かに、複数の食品を摂取した場合GI値は変化しますが、日常摂取されている食品において、相互作用によってGI値の高低を極端に変化させるものはありません(103-106)。臨床場面におけるGIの有効性を証明するには長期的な介入試験が必要ですが、短期的な研究が複数行われていて、その結果は有効であることが示されています(73-75)。低GI食は実施するのも容易(111,112)であり、ポーラックらは以上の結果から、肥満治療において2型糖尿病と心臓疾患の予防に低GI食が有効であると主張しています。

    <肥満治療に低GI食を推進すべきでない(反対派)>

     一方、ラーベンは、肥満患者における長期的な体重減少に、低GI食が高GI食よりも有効であるとは証明されていないと主張しています(2)。彼は、低GI食が食欲(満腹感)と体重減少に与える影響について、2002年6月までに出版された論文(短期(一日未満)研究31編、長期(6日以上6ヶ月以下)研究20編、いずれもヒト介入試験)を分析しました。ヒト介入試験の他に、単糖類摂取時の熱産性についての研究、疫学研究、動物実験などもありますが、それぞれ、単糖類と通常の食事は異なる、疫学データは自己申告による過誤が生じやすく実験的な厳密性が得にくい、動物実験の結果がヒトに当てはまるかは不明であるという理由から、分析対象としませんでした。短期のヒト介入試験のうち、高GI食よりも低GI食が満腹感を増大させたものは15編、残りの16編では差が見られませんでした。この16編のうち2編は低GI食よりも高GI食で満腹感が増大(17,2;ラーベン(2)の引用文献番号、以下同様)、1編は血糖値と満腹感に相関が見られた(16)という結果でした。ラーベンの総説以前に、低GI食についての総説が2編(2,3)発表されていますが、ともに低GI食と食欲の関連に肯定的な結論を導いています。しかし、いずれもラーベンが分析した論文の45〜75%しか取り上げていません。ラーベンは自分の分析結果から、低GI食が高GI食よりも満腹感を与えるというには証拠が充分でないと述べています。
     低GI食と体重減少との関連については、ラーベンは20編の長期研究を取り上げています。しかし、どの研究も、GIの影響を知る上で最適な研究(エネルギー摂取量と体重変動に自由度を与え、低GI食と高GI食における食事の要素を、GI以外は同等にする=「自由摂取研究(Ad libitum studies)」)ではありません。分析した20編のうち13編は体重維持を目的にした等エネルギーの食事による研究(25,26,59-69)、5編はエネルギー摂取量を制限した食事による研究(27-30)、残りの2編は「自由摂取研究」ですが、どちらも低GI食と高GI食の食物繊維量に差がありました(9,31)。これら20編を分析した結果、低GI食で体重減少の見られたものは4編、高GI食で減少のみられたものが2編、有意差のみられなかったもの14編でした。体重減少に、GIおよび糖質の種類(単糖、多糖)の影響はほとんど見られず、従って低GI食が減量に有効であることは断定できないと、ラーベンは結論付けています。

    <GIと体重コントロールの関連 >

     以上の二つの総説を受けて、アストループは、今言われている効果を信じて低GI食を取り入れるか、より確実な証拠が出るまで待つかは、各個人の判断に委ねられると結んでいます(3)。しかしアストループは、今後、より実証的な長期のランダム試験が行われ、低GI食と高GI食の効果に違いがないという結果がでる可能性を示唆していて、彼自身は低GI食の効果に疑問を持っているようです。

    * グリセミック・インデックスは、1981年にジェンキンス博士らによって提唱された、炭水化物を含む食品を分類する指標で、食品を摂取したときに変化する血 糖値(血糖曲線)に注目し、数値化したものです(5,4)。算出方法は、以下の通りです。
      GI = 炭水化物50gを含む試験食摂取時の血糖曲線下面積 ÷ 炭水化物50gを含有する白パン摂取時の血糖曲線下面積 × 100
      (血糖値の変化の仕方には個人差があるので、GIは平均値です。)

    ** 血糖負荷とは、GI×食品に含まれる炭水化物量。


    ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>コレステロール値チェック>ショッピングコーナーへ


    サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
    Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
    SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO