ダイエットサプリメント・ダイエット食品とグルコサミンと慢性腰痛症

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットサプリメント・ダイエット食品と健康食品

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの知識は重要です、健康食品は自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆グルコサミンと慢性腰痛症☆<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

グルコサミンは慢性腰痛症に万能ではないようだ
 慢性腰痛症 (LBP) と変形性関節症(OA)の患者にグルコサミンが普及しているが、ノルウェーのオスロ大学病院およびオスロ大学は、グルコサミンには期待される痛みやQOLへの有効性は認められなかったという介入試験結果を「米国医学会誌」7月7日号に発表した。
 試験対象は6ヶ月以上の慢性腰痛症 および変形性関節症の患者250人(25歳以上)。無作為化二重盲検プラセボ対照試験。経口グルコサミン群(n=125)とプラセボ群(n=125)に割り付け、両群とも毎日1500mg、6ヶ月間服用した。評価は介入および追跡期間終了時の6か月後、1年後に実施した。主要アウトカム指標は、痛みによる障害スコア(RMDQ)。副次アウトカム指標は、静止/活動時の痛みのスコアおよびQOLスコア(EQ-5D)。
 介入時RMDQ平均スコアは、グルコサミン群9.2(95%信頼区間(CI),8.4-10.0)、プラセボ群9.7 (95%CI,8.9-10.5)。6ヶ月後は両群が同スコア5.0(95%CI, 4.2-5.8)。1年後はグルコサミン群4.8 (95%CI, 3.9-5.6)、プラセボ群5.5 (95%CI, 4.7-6.4)。全評価指標において、群間に統計上の有意差は認められなかった。
 研究者らは、「今回の結果から、全ての慢性腰痛症および変形性関節症の患者に一様にグルコサミンを推奨することは、現地点では好ましくないようだ。今後、被験者を代えた介入試験を重ね、グルコサミンの効果の是非について、より明白にすることが求められる」と言及している。

-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>グルコサミンと慢性腰痛症>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
サークルに関して | ストレス度 | 更年期度 | うつ度 | 便秘症度 | 歯の健康度 | 酒癖度 | テレビ紹介/ダイエット | 本紹介/ダイエット | 簡単健康チェック
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO