ダイエットサプリメント・ダイエット食品とクルクミンとがん化学療法

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットサプリメント・ダイエット食品と健康食品

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの知識は重要です、健康食品は自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆クルクミンががん化学療法に有効かもしれない☆<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

クルクミンががん化学療法に有効かもしれない
 ターメリック(ウコン)の主要成分クルクミンを頭頚部がんの化学療法治療とあわせて摂取すると、治療効果が強化されるという動物実験の結果が米国カリフォルニア大学がん研究センターより発表された。
ターメリックに炎症を抑える効果があることは古くから言われており、インドでは女性が月経時の痙攣を抑えるため皮膚に塗ったり、傷を治すため湿布したり、化粧品の添加剤として用いられているという。
過去の研究において、「乳がんや大腸がん、すい臓がんにがん抑制効果がある」、「アルツハイマーや老化の予防に良い」などの報告がなされているが、そのメカニズムは明らかになっていない。
研究者らは2005年に、非水溶性であるクルクミンを直接がん患部に塗るとがん細胞の成長が止まることを発見し、2008年には、リポソームで溶解させたクルクミンをマウスの尻尾に注入する研究でもがん成長を抑制あるいは停止させることに成功している。
今回の研究は、代表的な抗がん剤であるシスプラチンの投与量を減らす効果をクルクミンに期待して計画された。シスプラチンは、治療効果は高いが腎臓などの臓器に負担が大きく、副作用の強いことで知られている。
頭頚部がん発症マウスにクルクミンとシスプラチンを共に投与すると、各々を単独に投与した場合よりも強くがんの成長が抑制されたという。
クルクミンががん成長転写因子NFKBを阻害する酵素の働きを助けることで、頭頚部がんの細胞周期を調整したことが示され、シスプラチンの作用機序とは異なる機序であることから、シスプラチンとクルクミンを併用投与することで、シスプラチンの投与量を減らしてもがん細胞の成長抑制効果が期待できる可能性を示した。
なお、研究者らによれば、臨床的に有効と思われるクルクミン量は500mg(ターメリックとして100-200グラムに相当)ほどであり、ターメリックをスパイスとして料理に使う程度では全く足りないだろう、とのことである。

-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>クルクミンががん化学療法に有効かもしれない>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
サークルに関して | ストレス度 | 更年期度 | うつ度 | 便秘症度 | 歯の健康度 | 酒癖度 | テレビ紹介/ダイエット | 本紹介/ダイエット | 簡単健康チェック
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO