ダイエットサプリメント・ダイエット食品と皮膚がんとビタミンD

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットサプリメント・ダイエット食品と健康食品

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの知識は重要です、健康食品は自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切です

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆皮膚がんへの遺伝的傾向はビタミンD不足と関連☆<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>

皮膚がんへの遺伝的傾向はビタミンD不足と関連
 非黒色腫皮膚がんへと発達する可能性のある基底細胞母斑症候群の患者は、日光からの保護によってビタミンD不足に陥りやすいという米国スタンフォード大学医療センターからの研究報告。
  基底細胞母斑症候群は、成人後早期に基底細胞がんを発症しやすいことが知られており、患者はがんにならないように日光を極度に避ける傾向が高い。
 今回、41名の基底細胞母斑症候群の患者を対象にした検討で、23名(56%)がビタミンD欠乏症に陥っていることが明らかになったという。特に過体重者で冬季に採血した場合に欠乏の傾向が強かったという。
調査では、80%の患者が、毎日日焼け止めを使用し、朝10時から午後2時までの日光を避ける生活を心がけていることが明らかになった。
 「この日光をさけることがビタミンD欠乏の直接の原因であるならば、基底細胞母斑症候群の患者だけでなく、散発性基底細胞がん患者もまた現在では日光を避けるように推奨されるので同様のリスクがある。
 全米で年間100万人以上の症例が報告されており、充分に注意する必要があるだろう」と研究者らは結論している。

-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>皮膚がんへの遺伝的傾向はビタミンD不足と関連>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
サークルに関して | ストレス度 | 更年期度 | うつ度 | 便秘症度 | 歯の健康度 | 酒癖度 | テレビ紹介/ダイエット | 本紹介/ダイエット | 簡単健康チェック
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO