ダイエットサプリメント・ダイエット食品とお酒

ダイエットにはダイエットサプリメント・ダイエット食品が重要です。薬剤師の視点から厳選、紹介させて頂いています


ダイエットサプリメント・ダイエット食品と健康食品

ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】

ダイエットの知識は重要です、ダイエットは自分のライフスタイルに合ったものを選ぶ事が大切

ダイエット | 美容・健康食品 | サプリメント | 化粧品・コスメ | 医薬品・コンタクト・介護 | ランキングコーナー
☆お酒に強いタイプ?弱いタイプ?☆

お酒に強いタイプ?弱いタイプ?



あなたはアルコール飲料を飲んで、次のような症状が出たことがありますか?
該当するものをチェックして「判定」ボタンを押してください。
    回答
1 顔が赤くなる。 いつも出る   ときどき出る   出ない
2 顔以外の部分が赤くなる。 いつも出る   ときどき出る   出ない
3 かゆくなる。 いつも出る   ときどき出る   出ない
4 めまいがする。 いつも出る   ときどき出る   出ない
5 眠くなる。 いつも出る   ときどき出る   出ない
6 不安になる。 いつも出る   ときどき出る   出ない
7 頭が痛くなる。 いつも出る   ときどき出る   出ない
8 頭の中が打つように感じる。 いつも出る   ときどき出る   出ない
9 汗をかく。 いつも出る   ときどき出る   出ない
10 心臓がドキドキする。 いつも出る   ときどき出る   出ない
11 吐き気がする。 いつも出る   ときどき出る   出ない
12 寒気がする。 いつも出る   ときどき出る   出ない
13 息苦しくなる。 いつも出る   ときどき出る   出ない
 
     

これは、飲酒状態の自己診断法のひとつです。
結果がいいからといって油断してはいけません。
 


アルコールに対する体質の違いを調べます。

 体内に入ったアルコールは、肝臓で「アルコール脱水素酵素(ADH)」の働きにより、「アセトアルデヒド」に分解されます。アセトアルデヒドは毒性の強い物質で、酒を飲んだときに、頭痛や吐き気、動悸の原因となるほか、発がん性のあることが動物実験で確認されています。このアセトアルデヒドは、「アルデヒド脱水素酵素(ALDH)」により分解されます。「酒が強いか弱いか」は、この酵素の活性の程度で決まります。酵素活性が弱い人は、アセトアルデヒドがスムーズに分解されず、高濃度で体内にたまり、酔いが翌日まで続くこともあります。
 酵素活性の程度で3つに分けますと、日本人のうち、酒に強い型は58%、比較的弱い型は35%、全く飲めない型は7%です。この質問法で、酒が弱いと判定が出た人は、たとえ飲めても飲酒は控えめにしましょう。毎日飲むなら、1日1合が上限になります。もちろん、酒に強いと判定が出た人も、飲み過ぎると肝臓や膵臓の病気になりやすいので、1日1〜2合を目安にしましょう。自分の酒の強さを知り、肝臓病やアルコール依存症を予防しましょう。


-ダイエットダイエット食品ダイエットサプリメントの選び方−

ダイエット・ダイエット食品・ダイエットサプリメントの選び方は、誇大広告や宣伝に惑わされず、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも大切ですよ

売れ筋ランキング<自動更新>
ピックアップ!<自動更新>

☆世の中の様々な美容・健康・ダイエット等の情報を紹介します☆

ワインは頭をよくしますか?
<紹介文献:国立健康・栄養研究所 健康・栄養フォーラム>
 週2回程度のワイン摂取が最も認知機能テストで好成績であったという研究結果が明らかになった。
 ノルウェー北部トロムソ市を中心とした人口ベースの大規模前向き研究に参加者のうち、脳卒中を起こしたことのない平均年齢58歳の5033人を対象に、ベースライン時点での飲酒量や内容と心臓血管障害リスクファクターを測定し、7年後に言語記憶・桁記号符号化・タッピングテストを行ったところ、ワインを摂取する群では男女ともに全ての認知機能テストで好成績であった。
 一方ビールや蒸留酒摂取群ではテスト成績と一貫した関連がなかった。アルコールを2週間に4回以内摂取する適量摂取群に比べ、摂取しない群は、特に女性においてテスト成績が低かった。
 本研究では過去30年間に発表されたアルコール摂取量と認知機能に関する68の研究から、145308人のアルコール摂取量と飲酒パターンの関係も調べた。
 結果はいずれもアルコール適量摂取群はよりよい認知機能を維持しており、アルツハイマーや血管障害を原因とするものも含め、認知症のリスクが低かった。
この結果はワインには抗酸化作用を持つポリフェノールや加齢による認知機能低下を抑制するとされる微量元素が含まれることと一致する。また、アルコールそのものに動脈硬化や血栓形成あるいは血管壁の炎症反応抑制効果がある可能性も示された。
 認知機能テスト成績を低くするほかの因子は、高齢や教育水準の低さ、喫煙習慣、うつ病・糖尿病・高血圧症であった。ワイン摂取群が好成績であった結果については、こういったテスト成績に関わる因子の影響は取り除かれているが、ワインを摂取する人の社会経済的地位や収入、食習慣などの交絡因子が含まれると研究者は解説している。
 ワインを飲みながらゆっくり食事を楽しむ人は元気で長生きできるということかもしれない。


ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】トップページへ>お酒に強い?弱い?>ショッピングコーナーへ


サイトマップ | 美容・健康度 | 肥満・ダイエット度 | ダイエット知識 | 健康知識 | 商品館 | 相互リンク | 検索コーナー | 医師・医者 | 製薬会社 | 薬剤師 | 試供品
Copyright (C) 2005-2010 ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO